ドイツ語の疑問文の作り方

新着記事


英語と同様に、ドイツ語の疑問文には大きく分けて2種類の疑問文

①Yes, Noで答えられるタイプと②Yes, Noでは答えられないタイプ

があります。また、前者のようなタイプを決定疑問文、後者を補足疑問文と言います。

 

①Yes, Noで答えられるタイプ疑問文(決定疑問文)

英語で言うところの、Are you, Do you ~, is this ~ などで始まり、Yes もしくはNoで答える疑問文のことを言います。(Toeicなどの資格試験では、YesやNoで答えてないようですが、今回は触れません。あくまで原則を覚えましょう。)

– 作りかた –

非常に簡単です。定動詞を前に移動するだけです。

Trinkt Karl Wasser? Nein, er trinkt Rotwein. 
(日本語訳: カールは水を飲みますか? いいえ、彼は赤ワインを飲みます。)

②Yes, Noで答えられないタイプ疑問文(補足疑問文)

英語で言うところの、What, When, Who, How, Where Whom, Whose などで始まり、Yes もしくはNoで答えない疑問文のことを言います。

– 作りかた –

簡単です。疑問詞を一番前に置き、定動詞を2番目に置くだけです。

Was trinkt Karl ? ― Er trinkt Rotwein.

(日本語訳: カールは何を飲みますか? 彼は赤ワインを飲みます。)

ドイツ語の疑問詞

単語を覚えるときは、ひとつのグループごとに覚えるとより効果的です。

疑問詞に使われる単語をまとめてみました。

 

Was 何(What)
Wo 何処(Where)
Woher どこから
Wohin どこへ
Wie どのように(How)
Warum 何故(Why)
Wann 何時(When)
Welche どちらの(Which)
Wer 誰(Who)
Wie lange どれくらい(How long)
Wie viel どれくらい(How much

 

※当然ですが、ドイツ語ですのでWの発音はヴァ行です。

しっかりと覚えましょう。

 

ドイツ語の疑問詞の例文は

余力のある人は例文をまるごと暗記してしまいましょう。
文章を暗記すると会話や作文のときにスムーズに出てきます。
例文についてはドイツ語の例文を調べるときに役立つサイト 5つをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA