ドイツ語の単語集 「色」のスペル、イメージをまとめてみた

新着記事


「色」に関する基本的な単語を覚えていきましょう。

ドイツ語の色のスペルと読み方

 

色の名前 スペル 発音、読み方
rot ロット
橙色 orange オロンジュ
黄色 gelp ゲルプ
grün グリューン
blau ブラウ
lila リーラ
weiß ヴァイス
灰色 grau グラウ
schwarz シュバルツ

ドイツ語における色のイメージ

色がもつイメージは国によっても異なることがあります。ドイツ語の色のイメージをまとめてみました。

「赤」 「血、ワイン」のイメージです。
「橙色」 「太陽」のイメージです。
「黄色」 嫉妬、怒りなどを表すことが多いです。 日本ですと「怒った時は顔を真っ赤にする」と言いますが、ドイツ人の感覚だと黄色になるようです。なお、ドイツのポストは黄色です。
「緑」 希望、若さなどを表すことが多いです。また、ちょっと前までは警察を表す色でした。警察官の制服も、車両も緑を基調として統一されていました。 (モスグリーンに近い緑です。)

しかしながら、EUで警察の色を表すルールが制定されたため、今では青い色になっています。

「青」 「不健康」を表すことが多いです。 日本語で言う青白いに近いイメージですね。
「紫」 「スミレ、影の存在」というイメージが多いです。
「白」 「純粋、潔白」を表します。 日本語と同様ですね。
「灰色」 「年を取った」などのイメージが多いです。
「黒」 「悪、不法」などの悪いイメージを表すことが多いです。 日本語でも一緒ですね。

 

ドイツ語の色に関することわざ

ドイツ語の色に関することわざはコチラに乗っています。(注意:英語)

https://www.duolingo.com/comment/7370354

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA